中国語(繁体字・簡体字)翻訳なら、PBS(パソナ・パナソニックビジネスサービス)のクラウド翻訳|自然な翻訳をビジネスシーンで。

PBS(パソナ・パナソニックビジネスサービス)の「クラウド翻訳」とは?

早く、安く、手軽に使えて、しかも高品質!
機械翻訳なら費用を抑えられるけれど、クオリティが心配。そんなお悩みをお持ちの方は、ぜひPBSの「クラウド翻訳」をご利用ください。PBSのクラウド翻訳は、早く、安く、手軽に使える、グローバル時代にマッチした法人向け翻訳サービスです。

世界中のネイティブ翻訳者7,000人以上とマッチング。自然な文章に整えます。
●「クラウド翻訳」は、機械翻訳ではありません。世界中で登録しているプロのネイティブ翻訳者7,000人以上と依頼者をマッチング。人力翻訳で高品質の翻訳文を提供する、クラウドソーシング型の翻訳サービスです。
●翻訳者は、すべて厳しい試験に合格した中国語(繁体字・簡体字)のネイティブ翻訳者。文脈等を理解して自然な文章に翻訳するので、クオリティに関する心配が要りません。
●見積りから納期の確認、依頼、納品まですべてオンライン上で完結するので、手軽かつスピーディー。

PBS(パソナ・パナソニックビジネスサービス)が培った20年以上の実績を基に、専門的・高品質な「専門翻訳サービス」も提供。 PBSの翻訳サービスをもっと詳しく知る!

「中国語(繁体字・簡体字)」概要

私たちが中国語と言うとき、それは中華人民共和国の人口の90%以上を占める漢族が使用する言語「漢語」を指しています。中国語には、北京語、上海語、広東語など多くの方言がありますが、漢字の字体で分類すると、「繁体字(はんたいじ)」と「簡体字(かんたいじ)」という2種類の漢字があります。もともとあった伝統的でやや難解な「繁体字」を、国策として新たに覚えやすく簡略化したのが「簡体字」です。今の中国では、主に「簡体字」が使われていますが、台湾や香港、シンガポールなどでは「繁体字」が使われています。中国語の文法的特徴は、文の意味が主に語順によって変化することです。また中国語には時制(現在・過去・未来型)がなく、動詞の変化もありません。

中国語翻訳の取り扱い言語について

翻訳元言語
(ソース言語)
翻訳先言語
(ターゲット言語)
料金
1 中国語(繁体字) 日本語 英語 5円 or 10円(1文字)
2 中国語(繁体字) 中国語(繁体字) 5円 or 10円(1文字)
3 日本語 中国語(繁体字) 5円 or 10円(1文字)
4 英語 中国語(簡体字) 日本語 5円 or 10円(1文字)
5 中国語(簡体字) 英語 5円 or 10円(1文字)
6 日本語 英語 中国語(簡体字) 5円 or 10円(1文字)

品質(翻訳者レベル)によって選べる2つの料金体系|

原稿入力するだけで、すぐに見積りと納期がわかる! 今すぐ見積り、翻訳完了時間を確認する

依頼はWEBから!【見積り・納期を確認する】

中国語(繁体字・簡体字)翻訳の支払い方法

クレジットカード支払いのほか、「請求書発行後の後払い」も可能です。
請求書後払い/クレジットカード支払い」はこちら

中国語(繁体字・簡体字)翻訳の利用シーン・導入実績

PBS(パソナ・パナソニックビジネスサービス)のクラウド翻訳は、以下のような用途でご利用いただけるサービスです。

企業(ビジネス)
  • 海外とのメール対応
  • プレゼン資料内容の粗翻訳
  • 海外文献の理解
  • 海外サイトの閲覧
交通・自治体
  • 標識
  • ポスター
  • チラシ
  • パンフレット
  • 歩き方ガイド
  • 多言語メール配信
飲食
  • 看板
  • メニュー
  • WEBサイトリニューアル
  • サイネージ更新
  • 産地紹介
  • 指差しボード
観光・公共施設
  • マナーや慣わしの説明
  • 館内紹介
  • イベント告知ポスター
  • SNS発信
宿泊
  • 予約対応
  • 問い合わせメール対応
  • 施設利用方法
  • WEBサイトやパンフレット
物販
  • POPのコメント
  • 問い合わせメール対応
  • ECサイトの商品概要

中国語(繁体字・簡体字)翻訳依頼の流れ

依頼から納品までの流れ
1 翻訳原文(ソース言語)を入力またはコピペして依頼
2 PBSから、ネットワーク上の該当言語の登録翻訳者多数に通知
3 空いている翻訳者はその原文を見て「訳せるか、訳しづらいか」等を判断しPBSに通知
4 「訳せる」と判断・通知した人の中から、PBSが選定した翻訳者に正式発注し翻訳開始
5 翻訳が完了したら翻訳者は訳文をPBSに送り、PBSから依頼者に納品

中国語(繁体字・簡体字)翻訳依頼の注意点

【スピードに関する注意点】

翻訳者の翻訳スピードについて
・翻訳者によりますが、「1名・1時間あたり120字」が処理スピードの目安となります。
・原文が大量である場合、複数の翻訳者が各担当箇所を分担して翻訳する場合もあります。
・1つの文章を何名がかりで翻訳するかによって、大きく納期が変わります。

【以下の場合はパソナ・パナソニック ビジネスサービスの専門翻訳へ】

以下のような文章は「クラウド翻訳」より「専門翻訳」のほうが適している場合があります。
・専門用語、略語が多く含まれる文章
・擬音語、擬態語が多く含まれる文章
・標準語以外の方言、新しすぎる/古すぎる言葉使いが多く含まれる文章
・地名、人名、社名など呼び方がわからない固有名詞が多く含まれる文章
・文脈がわからないと意味がつかめない文章
・主語がはっきりしない文章
・日本語の単語からだけでは(外国語で)単数扱いにしていいか複数扱いにしていいか、男性なのか女性なのか等が判別できない文章
・日本語独特の言葉遊び(だじゃれ、語呂合わせなど)が多く含まれる文章
・日本独特の文化背景がわからないと訳すのが難しい文章(日本人なら多くが知っている歴史・流行・人名も、ネイティブには難しく感じます)

より専門的・高品質な翻訳は、「専門翻訳サービス」をご利用ください。
より高品質な翻訳、専門性が高い翻訳に関しては「専門翻訳サービス」にて承ります。

依頼はWEBから!【見積り・納期を確認する】